気になる荷物の持ち込みについて

夕方の空港

気になる荷物の持ち込みについて

飛行機というのは、他の交通機関である鉄道やバス、船などよりも荷物に関する規定が厳しくなっています。そこで飛行機に乗る場合の手荷物に関することをいろいろと紹介させていただきます。ちなみに普通の航空券で乗る場合でも、格安航空券を使って乗る場合でも、荷物に関する決まりは一緒です。

荷物のサイズ制限が厳しくなった

小さめのバッグ
2009年の12月より、飛行機を利用する場合の手荷物に関する決まりが厳しくなったことを知っているでしょうか。通常手荷物というのは、安全面などを考慮して機内に持ち込めるサイズが決められています。以前は航空会社によって若干の違いがあったのですが、現在では国内線の場合、荷物の制限が統一されているのです。

ただし、座席数によって持ち込める荷物のサイズが異なっているので、この点もしっかりと把握しておきましょう。また、手荷物の数に関しては、航空会社によって異なっているのが一般的です。

中には最大3つまでしか持ち込んではいけないと決められている場合もありますし、数は制限されていないけれど、サイズの上限を超えてはいけないなどの決まりを設けている航空会社も存在しています。サイズが統一されて厳しくなったとはいえ、航空会社によって異なる部分も存在しているのです。

持ち込めるサイズ

キャリーバッグ
手荷物に関する決まりが厳しくなったことで、機内に持ち込める荷物も制限されているのですが、どのサイズまでなら持ち込むことができるのでしょうか。まずは100席以上の飛行機の場合ですが、幅が55センチ以内、高さが40センチ以内、奥行きが25センチ以内となっています。

100席未満の飛行機を利用する場合には、幅が45センチ以内、高さが25センチ以内、奥行きが20センチ以内となっているのです。中にはサイズが微妙な場合もあるでしょうが、このようなときも担当者がしっかりとチェックするので心配はいりません。

では、規定を超えてしまった荷物はどうなるのかというと、預けることで普通に持ち運ぶことができるようになります。この預ける荷物に関しても、航空会社ごとに規定が存在しているのです。その規定というのは、いくら料金が必要になるのかということなので、やはり事前に表示されている料金の確認が重要になります。

安全のためには仕方がない

格安航空券の使用に関係なく、なぜこのような規定が設けられているのかというと、ハイジャックなどの犯罪防止、転倒や落下などの事故防止のためです。現在では日本もどんどん訴訟社会化しているので、事故や事件が発生すれば、当然航空会社が打撃を受けるため、このような決まりがあると言えるでしょう。

≪ 前の記事: を読む
ページ上に戻る

Copyright © 2017 人気路線の格安航空券を狙える方法! All Rights Reserved.