天災などでキャンセルになった場合

夕方の空港

天災などでキャンセルになった場合

数多くある公共交通機関の中で、最も天候に左右されやすいと言っても過言ではないのか飛行機でしょう。特に台風シーズンともなれば、頻繁に欠航することがあります。他にも大雨や大雪、強風によって欠航することもあるのですが、このような場合にはキャンセルするようになるでしょうが、料金は返してもらえるのでしょうか。

支払った料金は全額返済される

航空券というのは、それなりに高い金額を支払って購入することが多くなっています。料金を支払って購入したのに、いくら天災だとは言っても、料金が全く返ってこないようでは今後利用しなくなる人が増えてしまうでしょう。このようなことがないように、通常は料金が返済される仕組みになっているのです。

ただし、購入した航空券の種類や利用する航空会社によって、多少返済方法が異なっている場合もあります。一般的には航空カウンターなどの受付に申し出て、返済してもらうという方法が多いでしょう。返済方法は窓口だけではなく、航空会社に申し出て返済される場合もあります。

特に近年はインターネットで航空券を購入することが多いですし、格安航空券を利用する場合などは、大半がインターネット経由での購入となっているでしょう。このような場合でも、航空会社に連絡をすることによって、きちんと返金してもらうことができます。

利用する飛行機の変更が可能な場合もある

デフォルメの台風
台風や強風などの場合には、短い時間で回復することもあります。このような場合には、払い戻しではなく、別の方法を選択することもできるのです。それは利用する飛行機の時間をずらして、別の飛行機を利用するという方法です。また、航空会社を変えるという方法もできます。

ただし、この方法を用いる場合には、注意しなければいけないこともあるのです。それは事前に予約をしていた人が優先になるという点です。ようするに空いている席がなければこの方法は使えないため、多少運任せになってしまう面もあるでしょう。

もし席がいっぱいで、他の便への変更ができない場合には、払い戻しという方法を選択するしかありません。また、天災が原因でキャンセルしなければいけなくなった場合の対処法が航空会社によって変わってくるように、利用する便の変更方法も航空会社によって変わることがあります。

天災や航空会社側のトラブルに限る

台風などの天災の影響や、航空会社側に原因があるトラブルを除いては、基本的にキャンセルをしたとき、全額返金されるということはありません。これは格安航空券を利用した場合でも同じです。

Similar Posts:

次の記事: を読む ≫
ページ上に戻る

Copyright © 2017 人気路線の格安航空券を狙える方法! All Rights Reserved.